害獣による二次被害を食い止める~コウモリ駆除鳩駆除を行なおう~

二次被害は防ぐことが出来る?~コウモリ駆除や鳩駆除の手順を学ぼう~

コウモリ駆除・鳩駆除の仕方とは

コウモリ駆除や鳩駆除は実際どのように行なわれているのでしょうか?具体的なノウハウについて学んでいきましょう。

コウモリ駆除の方法は大きく分けて二つ

追い出し
コウモリが棲みついている場所に忌避剤などのスプレーをかけて、コウモリを巣の中から外へ追い出します。コウモリは体にダニやノミ、伝染病などの病原菌を保有している場合があるので、コウモリが棲みついていた場所や糞尿のあった場所を綺麗に清掃し消毒を行なっていきます。
侵入口を塞ぐ
巣を作っていた場所の消毒作業が完了した後、コウモリの侵入口となっていた箇所をパテや金網を使い塞いでいきます。コウモリ駆除後、また巣を作られないようにする為、出入口を塞ぐ前に忌避剤を使用し、予防処置をすることもあるようです。

鳩駆除はどのように行なう?

鳩駆除方法としては、鳩を巣から追い出して巣を作っていた場所を丁寧に掃除します。その後鳩よけネットをつけたり、忌避剤を塗布したり、また鳩が着地出来ないようにプロテクトバリアを取り付けたりして予防対策を徹底することが重要です。鳩やコウモリは鳥獣保護法という法律で守られているので、許可なく殺処分することが出来ません。ですから、鳩にとって巣を作りにくい棲みづらい環境を作ることが大切です。

業者に駆除を依頼する意味

コウモリ駆除や鳩駆除は自分でも出来るのでは?と考えている方が多いようです。しかし、コウモリ駆除や鳩駆除は素人ではとても難しい作業なので専門業者に依頼して駆除をしてもらいましょう。

二次被害の可能性も防いでくれる

コウモリや鳩にはダニやノミ、様々な病原菌を保有しています。自分で駆除を行なった場合、徹底した清掃や消毒が出来ない可能性があり、コウモリ駆除や鳩駆除に成功しても、二次被害が起きてしまうこともあるようです。そのような二次被害に遭わない為にも、追い出しや侵入口塞ぎ、清掃消毒などを一貫して行なってくれる専門の業者に依頼して作業をしてもらいましょう。そうすることで、自分自身や家族を守ることにも繋がります。

TOPボタン